当医院での口腔外科

当医院では、外傷、口腔粘膜病変、難抜歯、骨外科等への処置を行っております。以下よく行っている処置ではありますが、症例によっては大学病院付属等の口腔外科に照会させて頂く場合もございます

口腔粘膜軟組織の腫瘤(腫れもの)

歯肉や口唇等、口腔内の粘膜に何らかの刺激(何かでぶつけた等)で生じた腫瘤(腫れもの)の除去を行います。

口腔粘膜の裂傷

転倒して唇を深く切った等の処置で、局所麻酔のもと止血、消毒後に縫合(ぬいあわせる)を行います。

口腔粘膜病変

歯肉や頬の内側、舌に生じた口内炎、口角にできたかさぶた様のできもの、また白や赤に変色した歯肉や頬の粘膜等の診断、投薬を行っております。

埋伏智歯の抜歯

歯ぐきや骨の中に埋まっている親知らず(第3大臼歯)の抜歯

抜歯を御希望で来院された場合、当日はレントゲン撮影を行い、診査治療計画を行い、改めて後日時間を確保させて頂き、抜歯処置を行います。また、お痛みがあり抜歯を御希望の場合はまずは痛みの原因である炎症を抑え、後日抜歯となります。

 

歯根のう胞摘出

歯根(歯ぐきの中に埋まっている歯の根っこの部分)の先端に形成された嚢胞(のうほうー膿の袋のようなもの)を摘出する処置 

 

 

小帯異常、小帯切除

小帯とは唇の内側頬っぺたの内側歯肉をつないでいるスジのことで、その位置が異常なために前歯に隙間ができたり、歯肉が退宿して下がってきたり、また入れ歯の安定を妨げたりする場合があるため、適度な大きさに切除する治療です。

骨整形

入れ歯を使用中の患者様で歯肉の下の骨が尖っているため、入れ歯に当たって痛い等の場合に行う処置です。歯肉の下の骨の尖った部分を丸める処置です。

インプラント

インプラント入門参照 →こちら
▲このページのトップに戻る