インプラント治療の流れ

診査、診断―
既往歴(全身疾患の有無等全身の健康状態)、お口の中の模型、レントゲン撮影等からインプラント埋入の可否、埋入部位や埋入本数、さらに最終的にどのような咬み合わせになるかを診査していきます

インプラント体埋入−
通常局所麻酔の下インプラント埋入処置を行います。

骨との結合−
埋入したインプラント体と骨との結合を待ちます(個人差がありますが、通常3ヶ月前後)

 

上部構造の取り付け−
骨との結合が認められたら歯肉の下に埋まっているインプラント体に  専用の土台(上部構造)を取り付け、その型をとり、後日技工所で最終的な冠を製作し取り付けます。

 

以上が大まかな流れです。当然個人差もあり、特別な処置を必要とする場合もあり、治療期間が長くなったりする可能性もあります。

▲このページのトップに戻る