小帯異常、小帯切除

小帯とは唇の内側頬っぺたの内側歯肉をつないでいるスジのことで、その位置が異常なために前歯に隙間ができたり、歯肉が退宿して下がってきたり、また入れ歯の安定を妨げたりする場合があるため、適度な大きさに切除する治療です。
▲このページのトップに戻る