虫歯の治療


虫歯にはその大きさ(歯の表面からそれぞれの歯の組織に到達している度合い)によって治療法が異なってきます。

初期の虫歯(C1)
歯の構造は大きく分けて3つの層があり、一番外側の白く見えている部分をエナメル質、その内側のやや黄色っぽい象牙質、さらにその直下に歯髄(神経−図の赤色の部位)がありますが、その一番外側のエナメル質の部分に限局した虫歯をC1と表します。(右図)

治療
患者様の年齢、お口の中の衛生状態、また該当する歯の位置、状態にもよりますが、
1. 現状維持、経過観察
2. 充填(詰める)処置 材料は主にプラスチック状の白い材料
等があげられます。

中程度の虫歯(C2)
歯の表面からニ番目の層にまで達した虫歯で、この二番目の層である象牙質は柔らかくC1の虫歯よりも進行が早いため早期発見、治療が必要となります。
この深さまで虫歯が進行しますと、冷たいものが凍みたり、甘いものが凍みる、食事中に咬むと痛い等なんらかの自覚症状が出始めたりします。

治療
1. 充填(詰める)処置 材料は主にプラスチック状の白い材料
2. 詰め物の型をとり、技工所で製作した詰め物を合着様セメントで着ける、あるいは被せる材料は金属が中心となりますが、保険適用外の歯の色にほど近い材質のものもあります。

当然虫歯の大きさ、該当歯の位置、さらに咬み合せ等機能的な観点さらに審美的な面から材料や治療法を選択致します。

深部への虫歯(C3)
虫歯が最下層、一番内側にある歯髄(神経)にまで到達した状態をC3の虫歯と表現します。
こうなれば激しい痛みも伴うこともしばしばあり、その痛みの時期が過ぎればまた無痛状態となり、一見治癒したかのように感じますが、放置しておくと病状は歯の内部で進行し、歯を支えている歯根の先端辺りに炎症が及び、その炎症によりその部位の骨が溶け出し、また膿がたまったりして急に再度痛み出し、さらには顔が腫れるくらいにまで炎症が大きく広がる場合もあります。                   

治療
根管治療→コア(土台)をたてる→冠を被せる という大体の流れになります。

根管治療 
虫歯の原因となる細菌感染により炎症を引き起こした歯髄(神経)を取り除き、歯根の内部を出来るだけ無菌状態にするための消毒処置を目的とした治療です。
この治療は症状によりますが一回の処置で終わるとは限りません。場合によっては症状が消退するまで数ヶ月を要する場合もあります。


            

 

 

 

 



残根状の虫歯(C4)
前出のC3の状態が放置された状態で歯肉から上の歯の構造がなくなり歯根のみの状態になった歯。

治療

根管処置が基本でありますが、場合によっては抜歯になることもあります

▲このページのトップに戻る