インプラントとは

 
インプラントの構造

フィクスチャー
(インプラント)

アバットメント
(インプラント)

上部構造
(インプラント)

歯は顎の骨に埋まっており、その埋まった部分を歯根と呼びますが、ちょうど木の根が地面の下に埋まって木が立っているのと似ています。
インプラントとはなんらかの理由で歯が喪失し、その歯がなくなった部位に人工の歯根を埋め込み、歯を立ち上げ、よりよく咬める様にする処置です。

以前からインプラント治療は歯の欠損部位に対する従来の取り外し式の入れ歯(義歯)やブリッジ(Br)に代わった処置として行われて来ましたが、ここ数年より身近なものになってきております。
それは開業医レベルで十分行うことが可能な処置であることと、現在の技術の向上でインプラント治療後の経過が良好な結果を多く呼んでいることにあると思われます。
ただし全ての症例に適応できるというものではなく、その患者様の健康状態、顎の骨や咬み合わせ、またお口の中の衛生状態等を考慮する必要があります。

歯のない部位(欠損部位)を処置するには従来通りBrや義歯という処置の選択もありますが、
そのBrおよび義歯との違いは


従来の治療 インプラント治療
[1]歯が中間で1本抜けた場合
(ブリッジ)
implant1_01
arrow [1]歯が中間で1本抜けた場合
 
implant2_01
隣の健康な歯を削りブリッジにします。
健康な歯を削るのはいやですネ。
インプラントは隣の健康な歯を削ることなく植立し、人工歯を取り付けます。
自分の歯と区別のつかないくらい治療の跡がわかりません。
 
[2]歯が中間で2本抜けた場合
(ブリッジ)
implant1_02
arrow  
[2]歯が中間で2本抜けた場合
 
implant2_02
抜けた2本の歯の大きな噛む力を支えるため、数本の健康な歯を削りブリッジにします。
支える健康な歯は大変ですネ。
抜けた数だけのインプラントを植立できます。インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛むことができます。
 
[3]奥歯が数本抜けた場合
(局部床義歯=部分入れ歯)
implant1_03
arrow  
[3]奥歯が数本抜けた場合
 
implant2_03
取り外しの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。
さらに止め金でも固定しますが、口の中にバーや止め金の異物はいやですネ。
数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結します。入れ歯を固定するバーや止め金が不要となり、口の中もすっきりし、口臭も減ります。
 
[4]歯が全部抜けた場合
(全部床義歯=総入れ歯)
implant1_04
arrow  
[4]歯が全部抜けた場合
 
implant2_04
全部に床のついた入れ歯を装着します。顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になりやすくなります。何とか動かないようになりませんかネ 数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に入れ歯を固定します。入れ歯が安定し、口の中で動いたり、笑ったときに飛び出したりすることはありません。


そこで義歯、Br等他の処置と比較したインプラント治療の主な利点、欠点を以下に挙げます。

利点

  • 顎の骨と直接結合しているため天然歯とほぼ同様に咬むことができ、他の処置に比べ、違和感及び異物感を感じない。
  • 義歯のように外れる心配は要らない。
  • 他の処置とは違い、隣の歯を削ったり傷つけたりすることなく単独での処置が可能
  • 審美的に天然歯に近い再現性が得られやすい

欠点

  • 保険適用外
  • 時間と手間がかかる(診査、診断に場合によってはCTなどの特別なレントゲン撮影の必要性や顎の骨との結合期間−通常2−4ヶ月、があること等)
  • 外科処置であること
  • 適用できる症例が限られること
  • どの程度の期間もつかは個人差があり、永久的に残存するという確定ができないこと
▲このページのトップに戻る