当医院における予防処置

虫歯になれば削って詰める、被せる。歯がぐらぐらになれば抜歯する。

過去の日本ではこういった治療が主流を占めていた時代もあり、ご高齢者の患者様の口腔内は残存歯が少ないのが現状です。

しかし、米国などは予防処置を早期に取り入れてきたおかげで、高齢者でも日本人とは違ってかなりの数の歯が残っており、かみ合わせを維持しておられます。

近年の日本における歯科治療は予防は当たり前というほど、多くの医院で行われるようになってきました。

当医院でも虫歯や歯周病を未然に防ぐよう、予防処置は歯科衛生士と共に患者様に教育を交えながら行っております。

 

 

 

具体的には

普段の歯ブラシでは届きにくい箇所を中心に歯垢や歯石の除去機械的に行います。

虫歯で特に多いのが、奥歯のかみ合わせの溝の部分や、歯と歯の隣あった面です。そういった箇所に取り残されたプラークの除去を行います。

また歯周ポケットに詰まった歯石は普段どんなに歯ブラシをあてても取り除くことは難しいため、当院では徹底的にたまった歯石の除去を時間をかけて行います

日常の歯ブラシを行っていても歯の表面にはしばらくすると飲食物や唾液の成分、さらにお口の中に多数存在する細菌等が付着し、歯面がザラザラしてきたりするため、余計にプラークがつきやすい状況を作り出すようになります。機械的に研磨することで極力表面をきれいに磨きあげるように努めております。

特に小児の患者様には、各人の口の中の状況から今後虫歯になりそうな箇所を指摘し、徹底的にフッ素塗布を行い、歯の質の強化(虫歯になりにくくする)に努めます。

また乳歯や永久歯の奥歯の溝には食べ物が詰まって虫歯になる傾向が強いため、フッ素入りの柔らかいプラスチックに似た材料をつめて、虫歯の侵入を塞ぐシーラントといった処置も行っております。

予防処置の最後には歯ブラシの仕方等のアドバイスを含め、患者様教育を歯科衛生士とともに行い、一人一人の患者様の記憶に残るようその指導に努めております。

 

 

 

▲このページのトップに戻る