当医院の小児歯科診療について


永久歯が生え揃い顎の発育が止まるまで、乳幼児から高校生くらいまでを対象に患者様個々にあった適正な咬み合せ育成を目指し診療いたします。

以下成長に個人差があるため年齢は一つの目安であります。

小さなお子様、特に1歳のお子様
きちんと乳歯が欠損することなく萌出(ほうしゅつ)
してきているかどうかの確認と定期的な観察が中心です。

2歳―5歳くらいのお子様
いろいろなものを食べ始める時期でもありますため保護者の方々とともに虫歯予防に取り組むことを中心に定期的にフッ素塗布を行ったり必要に応じて虫歯処置を行ったりしながら無事に永久歯が萌出するのを待ちます。特に虫歯で歯の形が大きく欠損したりしますと隣合う歯がその隙間を埋め合わせ後続永久歯の萌出スペース確保が難しくなったりもします。

6歳以降
永久歯も生え始め乳歯と混在した歯並びになるため歯茎の炎症も起こりやすく永久歯に関しては特に生えたての場合は表面が軟らかく虫歯を作りやすいためその予防に努めます。
一方で永久歯の萌出と共に顎の骨もいっそう発育し始めるため、上下左右の歯並びの調和も観察しながら、将来不正な咬み合せになる可能性があると診断した場合、当医院では適度な成長及び咬み合わせを促すために咬合誘導処置も行っております。また骨格性の受け口等の難症例においては矯正専門医を保護者の方々と相談の上で紹介させて頂くこともあります。

▲このページのトップに戻る