当院でよくある質問

Q なぜ予約が必要なのでしょうか?

A 他診療科とは違い、診断後の処置にある程度時間がかかる事が多い為です。例えば虫歯の部分を削って、本来の歯の機能をきちんと回復するには、1分や2分では終わらない事が多いからです。さらに、外科処置や歯のクリーニングといった処置でもある程度の時間が必要になります。従って患者様の症状に応じて十分な時間を取り、効率よく処置が行えるよう予約をとって頂いております。

 

Q ではいきなり予約なしで来院しても診てもらえないのでしょうか?

A そのようなことはございません。予約の患者様の合間に診させて頂きますが、若干お待ち頂く場合もございます。

 

Q 何回も通わないといけないのでしょうか?

A 症状によってかなり違ってきます。

1回で終える処置もありますし、1つの歯に対して最低数回は通う必要になる処置もあります。

例えば、虫歯が大きくて神経の処置(根管処置)を行った場合、根管処置後に被せものや詰め物を技工所で製作して、処置歯にセットするまでには1−2回では終わらないことが多い為です。

 

Q 治療は、歯が痛くなってからでは遅いのでしょうか?

A 痛みの程度にもよりますが、歯自体の痛みではほとんどのケースで根管処置(当HPの“虫歯の治療”参照)に通じることが多いです。そうなった場合は処置回数も増え、さらに処置を終えたあとでも数年後に痛み等の症状を再発したりする場合もあります。1度根管処置を行った歯は、根管処置を行わないで済む歯に比べて寿命が短くなります。従って、痛みがない虫歯、また虫歯に限らず歯周組織の炎症も、軽度な処置で済むよう、その予防に努めることは大事になります。

 

Q お口の中を診られるのが恥ずかしくてなかなか治療に踏み切れないのですが。

A 我々歯科医療従事者は毎日患者様の口腔内を専門的立場で拝見させて頂いており、患者様の目線とは違って、口腔内の改善に努めるべく歯科医療の観点から口腔内を捉えております。他人に口腔内を見せることは確かに心地よいものではございませんが、歯科医療に専念した目線で捉えておりますため、ご心配要りません。

 

Q 自分の診療に乳児のような小さな子供を連れて行っても大丈夫でしょうか?

A ご心配要りません。スタッフが診療中お子様の面倒をみるようにしております。


Q 子供は何歳になったら歯医者にかかればよろしいでしょうか?またフッ素はいつごろから塗ってもらえますか?

A 1歳6か月検診で既に虫歯が出来てしまっているお子様もいらっしゃいます。各お子様によりますが、歯数や歯の生え方、その他口腔機能の発達の異常がないかどうかを診るためにも2歳あたりからでも早すぎることはありません。ちなみに当院には1歳未満のお子

様からいらっしゃってます。またフッ素やシーラントといった虫歯予防処置はお子様の歯科治療に対する出来具合によって無理なく行っております。     


Q 電話にて、「子供にマウスピース型の矯正を考えているのですが・・・・」

A マウスピース型の矯正も適、不適用がありますため、電話での相談は行っておりません。一度口腔内を拝見させて頂く必要があります。


Q 先生による電話相談は行ってますか?

A 現在当院に通院中で口腔内の症状、状態がある程度電話にて診断、把握できるといった場合に限り、電話での相談をさせて頂いております。当院は初めて又は久しぶり等、現状の記録がない場合は誤診を招きかねないため電話相談は行っておりません。


Q 歯を白くしたいのですが?

A 白くするのにも、

  • 天然歯を白くする
  • すでに被っている被せものを白くする
  • クリーニングで着色を除去する

と様々な“白くする”があります。

どのような状態において“白く”とおっしゃっているのか確認するためにも一度口腔内の状態を拝見させていただいてからアドバイスをさしあげております。


Q 他医院で以前治療した箇所、または現在治療中の歯に対してセカンドオピニオンを頂くだけでも 診てもらえますでしょうか?

A 患者様のお話を伺った上で診察をさせて頂き、出来る限りの診断あるいは状況をご説明いたします。


Q 電話にて“保険外の高い治療で前歯を白くしたいのだけど費用はいくら位かかりますか?”

A 口腔内の状態を把握していない状況ではお答えすることを控えております。なぜなら状態によっては適合する材料、不適合な材料、また近い将来保存が不可能な歯も存在したりするため、保険が効かない高額治療は十分診査、診断した上でないとご提案出来ないからです。

▲このページのトップに戻る