義歯製作まで

当院に義歯製作や修理を目的に来院される患者様の多くは口に入れていて安定しない(話をすると浮き上がる、動く、はずれる等)、痛くて咬めない、きちんと噛み切れない、噛んだ感じがしない、また義歯が割れてしまったといった主訴をかかえて来院されます。
それらには必ずそうなった原因があり、それまで不適合な義歯を使いそれに合わせた噛み合わせの習慣を伴って来院されている場合が多くみられます。
当院では新たに義歯製作をするにあたり、そういった患者様のもつ固有の噛み癖、義歯を支える骨形態、それを覆う筋肉や粘膜の状態を考慮し、患者様の協力を得てある程度目処がたってから新製にとりかかります。

当医院で扱う義歯

保険の義歯

 

通常保険の範囲で製作する義歯です。

利点

  • 保険適用のため経済的。

欠点

  • 保険適用であるがゆえに、新製したのち義歯をなくした等での作り直しが一定期間できない。
  • 部分義歯等で残存している歯にかかるバネの材料が保険て決まっており、部位によっては金属が見えたりして審美性に劣る。
  • 製作過程に使用する材料も限られるため、精度に限界がある。

保険適用外の義歯

 

  1 金属床義歯

gishi0.jpg

 

 

  利点

  • 金属を使用するため強度的にも優れ、厚みを薄く出来るため装着感が良い。
  • 金属のため熱の伝導性があり、飲食物の感覚が伝わりやすい。
  • 製作材料の質も良いため精度が良い

 欠点

  • 保険適用外のため高額
  • 修理がしにくい

 

  2.ノンクラスプデンチャー

ナチュラルデンチャー2'.jpg 

 

 

  利点

  • 義歯を入れているようにはあまり見えず、自然感がある。
  • 装着感がよい

 欠点

  • 修理しにくい
  • 高額である

 

 

 

▲このページのトップに戻る