歯周治療とは

加齢とともに徐々に歯周病原菌の比率が口腔内(お口の中)において高くなる傾向があり、歯周治療は歯周組織を健康に保つように、歯周病の進行を押さえる様に努める処置です

歯周病への進行過程

shishu01.jpgshishu02.jpgshishu03.jpg 

    健常な歯周組織           歯肉炎                  軽度の歯周炎

shishu04.jpgshishu05.jpg
   中度の歯周炎             重度の歯周炎

歯垢や歯石の沈着を放置しておくと普段は痛みなどの症状を感じることはないのですが、体調を崩し体の抵抗力が少しでも弱まると、歯や歯肉に違和感、鈍い痛み、さらに咬合痛(咬むと痛い)等の症状が現れます。ただ、一過性の場合も多く症状はしばらくすると治まるので一見治癒したかのように思われますが、着々と歯肉の下で炎症は進んでいきます。
さらに炎症が進行しますと歯が揺れてきた、咬めないほど痛い、膿が出てきた等の症状が現れ、その多くのケースでは歯を支えている骨も既に吸収(溶けて量が減少)がある程度進行しています。

したがって、上図のように、通常は自覚症状がないまま少しずつ

健常な歯周組織→歯肉炎→歯周炎へと病状が進んでいきます。

歯肉炎と歯周炎の違い

歯肉炎ー歯肉(歯ぐき)に起こる炎症で、主な症状に、さわると出血しやすい等があるくらいで、普段は痛み等の自覚症状はありません。体調不良時に腫れぼったい、なんとなく違和感がある、鈍痛を感じるといった自覚症状が現れます。

歯周炎ー歯肉炎が進行すると歯肉の下にある歯を支える骨にまで炎症が及んで、その骨が少しずつ吸収されていきます。そうなった状態を歯周炎(歯槽膿漏ーしそうのうろう)といいます。

歯肉炎と歯周炎の大きな違い

歯肉炎はその炎症を抑えることで、歯肉も引き締まり、もとの健常な歯周組織に戻りますが、一度歯周炎にかかると、その骨は少しずつでも吸収し続けていきます。

 

     

どのような治療が必要か?

原因の除去ー歯周ポケット内に存在する歯垢(しこう)や歯石の除去を行い、歯周病原菌の数を出来る限り減らす処置が必要となります。そのためには特別な器具を用いて一本一本の歯の周りのそうじを行うことが、基本となります。

それでも改善があまり見られない場合などは、歯周外科を行う場合もあります。

そのような処置を行うことで歯肉炎の場合は健常な歯周組織へと改善

                  →歯周炎になっている場合は炎症の進行を大分遅らせる

                    ことが可能となり、そのまま放置すれば歯がぐらぐらに

                    なり抜けてくるところをまだ噛むという歯の本来の機能

                    をより長く維持することが出来るようになります。

歯周外科とは

歯周外科とは簡単にいえば、歯周ポケットが深くポケット内の原因除去が難しい場合などで、歯肉切除や骨整形を行いポケットを浅くする処置です。

またこの処置を行うことで、浅くなった歯周ポケットは日常の歯ブラシがしやすくなり(メインテナンスがしやすくなり)、炎症をかなり抑えることが可能となります。

 

▲このページのトップに戻る