当医院における予防処置

虫歯になれば削って詰める、被せる。歯がぐらぐらになれば抜歯する。

過去の日本ではこういった治療が主流を占めていた時代もあり、ご高齢者の患者様の口腔内は残存歯が少ないのが現状です。

しかし、米国などは予防処置を早期に取り入れてきたおかげで、高齢者でも日本人とは違ってかなりの数の歯が残っており、かみ合わせを維持しておられます。

近年の日本における歯科治療は予防は当たり前というほど、多くの医院で行われるようになってきました。

当医院でも虫歯や歯周病を未然に防ぐよう、予防処置は歯科衛生士と共に患者様に教育を交えながら行っております。

 

 

 

▲このページのトップに戻る